Good Days

笑顔でいれば、楽しいことがやってくる

Good Days

live for today
人との出会いを大切にしよう
知ること、知られることを恐れずに
変化をたのしむ毎日を

未完成な僕ら

あまりの暇さに何気なく始めた携帯アプリゲームアイドリッシュセブンにはまり、早く次のストーリーが公開されないかなと待ちわびている日々なのですが、少し前に公開された楽曲「未完成な僕ら」が好きすぎてつらいです笑

 

ネタバレ含むので以下閉じます

 

続きを読む

これから観たい映画

最近映画観てないなぁー。

今年に入ってからは「キセキあの日のソビト」「追憶」だけかな。でも観たい映画はたくさんあるんだよねー。ということで覚書。

映画館は無理でも、dtvかDVD借りて見よーっと。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン

いつまた、君と

忍びの国

◆君の膵臓を食べたい

◆心が叫びたがってるんだ

 

38歳になった「>20」に感動

剛の突発性難聴のニュースには本当に驚きと心配で、ドラマとかその他もろもろとかどうなるのでしょうと思いましたが、昨日無事!『ぼくらの勇気 未満都市2017』が放送されましたね!!!

 

小ネタ満載で、すっごく面白かった

メッセージとかストーリーとか、正直どうでもよくて(もちろん良かったけど)、「20年後にまたこの場所で会おう」の言葉通り、20年後にスペシャルを放送してくれたってだけで満足でした!粋なスタッフさんありがとう!!

 

想像通りの大人になってたヤマトとタケル。本当に言葉の通り「おっきくなった」モリ。元貴族・アキラ(違)は物語のキーパーソンになってて、あのアキラが!と感動。

スズコ役の矢田ちゃんも、まさに特別出演のキイチも、シーンとしては短かったけど、20年前と何も変わっていなくて、、、(;_;)特にキイチ役の小原くんは、17年のブランクを感じさせないほど演技に違和感なかったですよね。もしユーリが生きていたら、宝生舞ちゃんも出演してたのかなぁ。現場に差し入れしに来てくれたみたいだし!

 

キンキや嵐の4人はそれこそ色んなところでドラマをやったり舞台をやったり、演技経験を積んできていて、役に対して当時とは違ったアプローチ方法だってたくさん持っているだろうに、何故か20年前のキャラクター通りにそこに生きているのが不思議でした。

特にモリ役の松潤は、当時とは声変わりもしてるし、少年から大人へと変貌を遂げた幅としては他のメンバーよりも大きいと思うのに、喋り方が時々「20年前のモリ」なのが、とても感慨深いわ~。

 

20年前のドラマがこのスペシャルを機にDVD化されて、迷わず買ったので、しばらくは20年前と現代を行ったり来たりしながら、楽しみたいと思います😊

泣くほど嬉しい!

ご存知の方はきっとジャニーズでもKinKi Kids世代の方で、私と熱く語ることができるのではないかと思いますが、

 

20年の時を経て、

ぼくらの勇気 未満都市スペシャルドラマが放送されます!パチパチ、ひゅーひゅー!KinKi Kidsデビュー20周年。最終回の、「20年後にまた会おう」の言葉通りに。

 

もう、知ったときは家で一人でしたが、泣きました。うれしくて!全私が震えました!

 

みそじの私はちょうど金田一少年とか銀狼怪奇ファイルとか、あの頃が世代でして、未満都市もすっごくすっごく好きだったんです!

いま、ああいうドラマってあまり見ないなぁと思うんだけど。ノベライズも探して手に入れたほどに!

 

大人が生き残れない環境で子供たちが秩序を作って生きていこうと奮闘して、そんな環境にした原因を隠蔽しようとする政府と戦うんだけど。統率者となったヤマト(光一さん)が大人になった姿はなんとなくイメージつくんだけど、タケル(剛くん)はどうだろうなぁ。20歳になって亡くなったレイジさんの歌を継いで、歌手になってたりしたら面白いけど、どちらかといえば20年間みんなバラバラの生活で連絡取り合ってなかった設定がいいなー。

レイジさんの回、泣いたよなぁ。いまだに歌えるよ、あのうた。みんな政府から解放されて施設に入ったりバラバラになるんだけど、そこで歌うんだよなぁ。

ヤマトが怪我したキイチのために幕原を抜け出して薬をとってボロボロになりながら戻ってくる回も良かったなぁ。当時はVHSビデオに録画して、何度も見たもんなぁ。

不良と喧嘩したり、政府と揉めたり、子どもには少し刺激が強い場面とか難しい場面もあるんだけど、最後のヤマトとタケルの漫才みたいなやりとりにホッとするんだよ。

芸能界を辞めてる出演者もいるけど、過去の映像をブルーレイDVDボックスにしてくれたくらいだから、不自然にはしてくれないと期待してます!

 

あ、DVDボックスはもちろん買いました!!もう本当に嬉しい!!

 

今日はモリとアキラを演じた当時まだジュニアだった松潤と相葉ちゃんの出演も発表になったしね!というか、他のメンバー考えるとこの二人には出演してもらえないと話にならないだろーと思ってたんだけど、無事決まって良かった(*´ω`*)矢田ちゃんは出ないのかなぁ。ヤマトと結婚してたら、吊り橋効果だと納得するかな。

 

放送は7月21日とのこと。今からとっても楽しみです!

思い出してまた傷ついて

この数日間、どうにも気持ちが落ち込んでいて、何もする気が起きず。

とても泣きたい気分なのに、泣ける決定打がなくて、ずっと心でメソメソしてる。

 

ちょっと、気持ちが揺れたり、落ち込んだりすることがあったのも事実だけど、ホルモンのバランスか、必要以上に自分が悲しい気持ちでいることに気づきました。

泣ける映画でもみるか、わざと泣き真似でもしてみるか。

 

爪が伸びすぎると(当社比)、気持ちが落ち込む。水回りが汚れてると嫌なことが起こる。

 

何かに関連づけることは、生き苦しくなるだけだと理解しているけど、何かに関連づけて、それを解消解決することで好転することもあるから、とりあえず爪を切って、部屋のゴミを片付けて、お風呂もいつも以上の掃除をしてみた。

 

生きていれば傷つくことは必ずあって、乗り越えたと思っていても、ふとしたことでその傷が塞がっていなかったことに気づくときがある。今の私がそう。

傷つき、傷つけた、お互い様なことだけど、傷が塞がってなくて、さらにそれをえぐってしまった感じ。

 

泣いたって仕方ない。泣けたら、少しは気分が晴れるかもしれないけど。泣けないのなら、泣けるまで、楽しいことでも考えよう。

なるようにしかならない。なったらなったで、そのとき考えよう。

 

プラス思考は口に出せばクセになるかなぁ。

 

 

愛される努力

先に記事にした「アイドリッシュセブン」のストーリーの中で、「愛される努力」についてのセリフがあるんですが、読んだときにすごく響いたんです。

もう三部はとにかく推しメンの大和さんの回なので、全体通して心に響きまくってたんだけど。特に響いた言葉があったんです。

 

作り出すもの(作中では歌や演技のこと)が褒められても、それは自分自身を褒められたわけじゃない。否定されても、それは自分自身を否定されたわけじゃない。

 

私は、愛されたいと思ってる。でも、自分を出すことで愛されるどころか、否定されるんじゃないかと怯えてる。ただ愛されないだけじゃなくて、傷つくことが嫌だから、愛される努力から逃げてしまう。

 

少しでも受け入れてもらえなさそうな時は、その前に自分から逃げてしまう癖がある。

親しくない人と向き合うことにとても強いストレスを感じているのだと気づいた。

 

十人十色。世の中には色んな人がいて、寸分違わずに分かり合える人もいれば、何もかも受け入れられない人もいる。

愛してくれる人に、愛されれば十分なのに。愛してくれない人にも愛されたくて仕方ないのかもしれない。

 

友だちがたくさんいる人、フットワーク軽く、誰とでも気軽に話せて、輪に入っていける人。そんな人にとても憧れる。

でもそんな人はきっと努力してる。人との距離の取り方がうまいのは、努力した結果だと思う。最初から、なんでも出来る人なんていない。

 

引っ込み思案や人見知りを理由にすれば、ちょっとダメな私でも愛してもらえるんじゃないかって、甘えてる自分がいることに気づいた。

 

万人に愛される私になるのは無理。

でも、万人に愛されるように努力する私になりたい。

 

 

 

 

アイドリッシュセブンにはまってる

〈ちょっとネタバレ含むかも〉

 

ゲームアプリアイドリッシュセブンにはまってしまった。ツタヤでアルバム借りてくるほどには、はまってしまった。なんとなく恥ずかしくて、セルフレジを利用。

 

推しは大和と壮五。メッゾも好き。

でも歌で好きなのは、Revaleならdis one、TRIGGERならLeopard eyes、アイナナならRESTART POiNTER、sakura message。

 

リズムゲームって他のはやったことはないけど、ストーリーがアプリゲームとは思えないほど面白いし、何より声優さんの演技と歌がいい。

 

小さい頃から、ほとんどと言っていいほどアニメは見てこなかった。国民的アニメのサザエさんとちびまるこちゃん、それからドラえもんアンパンマンぐらい。

大人になってから見るぞと決めて見たのは、堂本光一が声優をした獣王星くらい。

 

だから今まであまり声優さんには馴染みがなくて、女の子なら小さい頃に憧れる美少女系のアニメにも全然興味なかったし、漫画も読まないからアニメ化とか言われても見る気は起きず。

 

こんなに声優さんの仕事に触れたのは初めてなんだけど、みなさん声だけで演じるのがうまい!(プロだから当たり前だけどね(^^;;

アイナナはほとんどが静止画で、たまに違うポージングになったり、表情が変わったりするくらいで、基本は動きがないんだけど。

 

初めて二次元で泣いたわ!

 

今三部まで進んで、ますます大和が好きになりました!「間違ってても優しくして」の言い方‥‥いいかた!(大事だから二回言った)

 

 

今日も帰宅したら練習に励みます!