読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good Days

笑顔でいれば、楽しいことがやってくる

Good Days

live for today
人との出会いを大切にしよう
知ること、知られることを恐れずに
変化をたのしむ毎日を

2017年もよろしく!

Days

 

 

★A Happy New Year 2017

 

今年のお正月休みは短かったなぁ。あっという間の6日間だった。去年は細かくあげれば色んなことがあったけど、比較的平和で落ち着いた毎日が送れて、とにかく楽しかった。今年も同じく、穏やかで、でも楽しいことにあふれている一年になると良いなと思ってます。

 

2017年のプライベートな目標は、

◆映画をたくさん観る

◆人見知りを克服、フットワーク軽く

◆より多く貯金する    の3つにしようかな。

 

去年は映画を映画館で4本観ました。

エヴェレスト(はじめてのひとり映画館)、ハドソン川の奇跡君の名は。、海賊と呼ばれた男、の4本。うち2本が岡田准一主演ですけど(笑)君の名ははもう解説するまでもない人気作品になってますが、この4本で一番印象に残ったのはハドソン川の奇跡だなぁ。トム・ハンクスが本当に良かった。DVD化したらまた観ようと思ってます。

今年は映画館用にクレジットカードを一枚作りました。観る気満々です!3つ目の目標との兼ね合いもありますが、そこは何とか資金を捻出して、娯楽に興じたいと思います。

 

人見知りを克服して、フットワーク軽くするのは、体力づくりの意味も兼ねているんだけど(お休みの日に家にいてばかりだと体力つかないからね)、最近読んだ星野源の『蘇える変態』の中にヒントとなる言葉が書いてあってね。それについては今度別記事で書こうと思ってるんで割愛しますが。コミュニケーションを苦手とするのはもうやめたいと思っていて、今年は当たって砕けろ!の精神で色々飛び込んでみようかなって思ってます。

 

最後は貯金。毎日毎月のやりくりはスマホのアプリで管理しているんだけど、職場から源泉徴収票が出たのを機に年間の家計簿をつけなおしてみたところ、赤字にはなっていないけど、ぜんっぜん貯金ができてないことに気付かされましてね。まあ赤字にはなっていないから良いものの、収入は増えたのに貯金額が少ないというのはなんたることか!と思いまして、今年は去年よりも貯金額アップを目指したいのです。

でも旅行もしたいし、娯楽も増やしたい、人付き合いも多くなるだろうし、と出費は増える予感。収入をあげるのは限界があるので、やはり他の部分を削るしかないんだろうな。食費と服代を削るしかないか。

 

まあなにはともあれ、健康第一毎日楽しくをモットーに、素敵な酉年を過ごしたいと思います。

 

今年もよろしくお願いします。

仕事を振り返る

Days

昨日が仕事納めでした。

特に問題もなく、平和な1日で、年末らしい終わりの日でした。

 

今年の四月に部署が変わって、また一から仕事を覚え直し、人間関係も築き直し。それはそれで大変だったし、方々へご迷惑もかけたけれど、何だか楽しかったなぁと思う。

何より最初の頃はとても事務的で、雑談乏しかった雰囲気が、冗談八割の毎日に変化したのは紛れも無い事実だと思う。

 

嫌なことがない仕事なんてないし、転職だ!これしかない!と思える仕事に最初から出会えるなんてこと、ごくごく稀。

辛いことや厳しい状況に耐えながら、なんとなく続けた仕事が「自分には向いていたのかも」と思って定年を迎えることがほとんどなのではないでしょうか。

 

だからこそ、守っていきたいと思ってることがある。それは、「笑顔の多い職場にしたい」ということ。

もちろんTPOや礼儀は大事にしなければいけないけど、「この人たちいい関係だな」と思うときは必ず「フラットな立場」がそこにある気がしている。年齢や役職を越えて、フラットな、ラフな、遠慮ない応酬ができている関係。

 

だから、私は、「雑談八割」の1日を心がけていきたい。正直、前の職場は雑談が非常に少なかった。だから、息苦しさを感じてた。家を出て、仕事を仕事として完遂して、家に帰る。その繰り返しの日々。

今の職場は、年齢も年上の人が多くて、自分なんか未熟な若輩者でしかないんだけど、毎日一回は冗談を言い合ってる。それが、たのしい。

 

ああ、楽しかったなぁと思う。年末にそんなことを思える今日が、何よりも幸せなことだと、今の私なら分かる。

 

来年も、変わらず毎日「冗談」で生きていきたい。

はじめての胃腸炎

Days

ここ最近、映画やドラマの話しかしてなかったので、近況報告をば。

 

先週、軽い腸炎にかかりました。一人暮らしを始めてから、本格的な風邪や病気にならないようにだけ気をつけて、食事や睡眠に気をつけていたんですが、人生で初めて胃腸炎にかかりました。

幸い、ノロウイルスほどひどくなくて、嘔吐はなかったのが救いですが。まあ、トイレとベッドの往復になっていたのには変わりありません。

 

その日は通勤途中から体調の悪さを感じていて、途中まで出てきたものの、一度家に帰ろうかなと思ったくらいだったんだけど、まあ冷えてお腹の調子が悪いんだろう、くらいにしか思っていなかったんです。でも、仕事中にも何度かトイレにいく羽目になって、お腹痛くなるのが嫌で、水分を控えてしまったんです。これが大間違いでした!

 

私の今の職場の座席は、出入り口に近くてモロに外気を浴びる場所にあるんですが、その日はまあそれなりに冬の気温で、水分不足&体調不良で、午後からは震えが止まらなくてマウスが握れないほどに・・・。途中でコートを着込んでみたけど、寒さというより震えが酷くて、一時暖房の効く会議室に退避。

周りもそこまで悪いとは思っていないので、「ゆっくりしてきて~」なんて優しい声で送ってくれたものの、そこから震える身体で自販機まで歩き、温かいホットレモンを購入。ガタガタ震える手で飲み物が飲めないなんて、初めての体験でした。

温かい飲み物を体内に入れたからか、暖房の効果もあって、30分後には震えが収まるようになりました。水分補給の大切さに改めて気付かされました、本当に。

 

その頃にはもう終業時間近かったので、座席に戻って、片付けをして、早々に帰宅。

 

この寒気はただ単に寒いだけじゃなくて、風邪のひきはじめなのかもしれない!買い物にも行けなくなるかも!と思って、帰りに何とかおかゆやらプリンやら購入したものの、家に帰ってストーブの前にいても、ベッドに潜り込んでも、寒気は止まらず。これは芯から冷えてしまっているんだ!と思って、お風呂に・・・。

お風呂に入ってもなくならない寒気にようやく「これは熱が出る前兆かもしれない」と思って、体温計を使ってみるとなんと『39.5℃』!!!!

でも全然熱っぽくなくて、これは色々あたたまる作戦を行ったから、表面体温が高くなっているだけだろうと思いつつ、一応部屋の加湿だけ頑張って、おかゆ食べて寝ました。

 

結果的に高熱が出ることはなかったんだけど、お腹の調子がすこぶる悪くて。。

最初の頃はおかゆとかプリンとか、やっぱり栄養は必要かなと思って食べたりしてたんだけど、ネット検索の末、無理して食べる必要はないということがわかったので、その後は水分だけにとどめました。吐き気はなかったけど、食欲もなかったので、二日間は絶食。

対症療法しかないとはわかってたけど、整腸剤くらいはくれるかなと思って病院にいって、やっぱり整腸剤だけ出たからそれ飲んで、湯たんぽ抱えてじーっとテレビ観てたら、そのうちお腹の調子は落ち着きました。

 

そこからがまた辛かった!

何が辛いって、吐き気がないから、お腹は空くんですよ!でも食べるとお腹痛くなるし、腸に負担がかかるから、いきなり味の濃いものを食べるのも気が引けて・・・。

ひたすらカツ丼が頭のなかに出てくるのを、耐えてました笑

 

通勤中に体調が悪くなってから4日後に野菜スープから始めて、徐々に普通食に。焼肉弁当がとにかく美味しかった・・・(結局最初に食べたかったのはカツ丼ではなくなった笑)

 

症状も軽かったしノロみたいな感染力が強そうなやつでもなさそうだったけど、一応部屋のお掃除もして、今はすっかり元気です!

年末年始、風邪やらひいて病院があいてなーい!なんてことにならないよう、気を緩めずに体調管理をしっかりしていきたいと思います!

 

「海賊とよばれた男」を観てきた

映画*テレビ

公開初日。

楽しみにしていた海賊とよばれた男を観てきました!エヴェレストのときは公開初日に用事があって行けなくて残念だったけど、今回は観れたわ!さらに109シネマズの日で少しお安く観れたのはラッキーだった!けど、1800円でも観てたわ。

 

大好きな岡田氏の映画とあって、席に恵まれるといいなあと思ってたら、今回は年齢層が高かったからか、上映中のおしゃべりも、連続ポップコーン食べもなく、落ち着いて観られました(´∀`)

 

予告等々で、60代がメインになるって聞いてたけど、確かに大半が特殊メイクの60歳岡田氏でした。途中、若い頃と老いた頃と行ったり来たりするんだけど、若い岡田氏がうつると、「とてつもなく若い!」と思うほどには、60代の人がそこにいました。

 

最近テレビで見る彼は、20代のビジュアルが神すぎて、「年取ったなぁ」と思ってたけど、60代に比べれば若々しいことが判明(あたりまえ)

 

ストーリーはよく調べずに観たけど(原作未読)、2時間半があっという間だった。キャストも演技に間違いのない人ばかりだし、脇をしっかり固められるメンバーだから安心して観ていられたな。

なんか、岡田氏にゆかりある人が多かった気がするんだけど。野間口さんと堤さんはSPだし、ピエールさんはエヴェレストだし。このメンバーが映るたびに、あ、SP、あ、エヴェレスト、と思って観てました。

 

印象的なシーンは、GHQが底に溜まった石油を取り出す現場を見にきたシーンと、その前後。

「おれにもやらせろ!」という店主の前に立ちはだかって阻止する店員たちとのやりとりがほっこりしました。

 

岡田氏ってV6のメンバーといると、隅っこで小さくなってるっていうか、お兄ちゃんの後ろに隠れてる末っ子感が半端ないのに、こういう主演作のときの代表感すごいよね。

威張ってるわけではなくて、ただ先頭に立ってるだけなんだけど、統率感がある。堂上教官@図書館戦争の見過ぎかしら?笑

 

ストーリーうんぬんは割愛しますが、怒鳴ってるような言い方なシーンが多かったからか、最後の終わり方がとても平和で、希望的で、とっても温かな気分になりました(*´꒳`*)

 

永遠の0の終わり方がわたしはとっても好きで、いい映画とは「音楽と終わり方にかかってる」とまで思ってるんだけど、音楽も終わり方もとても良かった。

 

岡田氏が溺愛してる染やんがあんなキャラクターなのだとは知らなかったけど、船を追いかける鐵造さんの演技にグッと深みを増す存在だったように思います。

 

あー、書きたいことはたくさんある!けど今いちばん言いたいのは、

 

「追憶」も楽しみだ!ということ笑

 

君の名は。

映画*テレビ

 

ひとり映画館してきました。

観たのは話題の君の名は。

 

神木くんが声をやってるという情報のみがある状態で、あとはもう映像が綺麗という噂を確かめるべく観てきました。

 

ストーリーについては多く語りませんが、確かに映像が綺麗!これは現地巡りをしたくなる気持ちがわかります。特に彗星が近づいてくる空とか。

 

一番好きだなと思ったのは、前半で、瀧と三葉が畳み掛けるようにお互いの報告をするシーン。ガーッと交互に言いまくるんだけど、そこのリズム感がすごく好き。

 

私は土曜日の朝一の回で見たんだけど、若い学生さんたちもいたし、年配のご夫婦もいました。幅広い世代に観られている作品なんですね。小学生くらいの男の子もいたけど、話理解できたかな。ちょーっと難しいところがあるかも、と思ったけど、ずっと静かに観てたから、きっと集中してたんだろうね(´∀`=)

 

実は私、今回は映画観たいなぁという気持ちで、他の作品といくつか悩んでたの、何を観るか。で、「レンタル始まってもレンタルしなさそう」という基準で選んだのが、この君の名は。だったのね笑

それと、映像美を言われてたから、テレビよりもスクリーンで観るべきかな、と思って。

 

アニメーション作品って、ジブリ以外観ないし、そのジブリもレンタルはしない(=観てないに等しい)。アニメーション作品で映画館で最後に観たのは、「千と千尋の神隠し」で、まだ学生の時だったし。

 

そんな基準で選んだこの作品だけど、映画館で観て正解だった!

大きなスクリーンで観たほうがいい!

 

そして、RADWIMPSの音楽がすごく良い。CMでも使われてる前前前世ももちろん、使われてる音楽どれも良くて、ツ◯ヤで借りてきました!笑

 

いい映画にはいい音楽あり!

 

 

秋ドラマいいですねぇ

映画*テレビ

 

秋ドラマ、一通り気になったやつは見てみたんですが、すでにいくつかは脱落決定のがありつつ、おもしろいぞ!というのがいくつか。

 

特に面白くなりそうだ!と思ったのが、

逃げるは恥だが役に立つ

◆地味にすごい!校閲ガール 河野悦子

◆IQ246華麗なる事件簿

の三つ。

 

逃げるは〜は、ガッキーがとにかく可愛い。そしてプロの独身がよく似合ってる星野源が良い。エンディングのダンスが話題になってますよね。個人的には常に笑顔のガッキーではなく、古田新太さんの華麗なダンスが気になって仕方ない笑 舞台人だからか?ダンスもお上手ですね(´∀`)

 

地味にすごい!校閲ガールは、初回こそ、真似できないよ!という衣装が多かった気もするけど、2回目はそうでもなかったかな。色合い的なものは、真似できそうな服でしたよね。実際に校閲のお仕事をしてる方からはいろんな意見が出てるようですが、「ドラマですから」、という気持ちです、私は。

新人が、技術だけでなく知識や経験も必要とする部署に配属されて、初日から実際に仕事ができるとは思えません。そんな人いたら、研修期間とか教育係とか、そんなものが会社から消えていくでしょう笑

校閲部から編集部への異動も実際はないみたいですが、ドラマとしても河野悦子が編集者になるという結末は用意していないんじゃないかなぁ。私は校閲で生きていきます!というラストを期待してますよ。

 

そして、昨日が初回のIQ246。予告は見てたけど、想像以上に織田裕二がキャラを作ってたことに驚きました。ちょっと貴族を意識した話し方といえばいいのでしょうか。まあ、日本に貴族っていないから、あくまでもイメージでしかないけど(´∀`*)

なにより、「黒い」笑

織田裕二って、あんなに色黒かったっけ?役のために焼いたのか?でも貴族が黒い必要はないと思うから、あれは地黒か。踊る大捜査線のときはそんなに黒さを感じなかったんだけどな。

 

あの作り込まれたキャラを受け入れられる人にはヒットすると思います。格闘にも長けてて、背が高くてイケメンなディーン執事も人気が出そうですね!そして、土屋太鳳ちゃん!マラソン見たけど、根性がやばい!!毬江ちゃん@図書館戦争からは想像できないたくましさだわ。

 

以上、三作品は多分最後まで見まーす(´ω`)

 

2016秋ドラマ視聴予定

映画*テレビ

需要があるかわからない話題(笑)

私のドラマ視聴予定です。

 

【月曜日】

カインとアベル/21時/フジ

山田涼介くん主演のカインとアベル。ストーリーはぜんぜん違うのかもしれないけど、韓国ドラマでカインとアベルは見たんですよ。演技に定評のある山田くんだし、月9だし、とりあえずみてみる予定です。

 

【火曜日】

逃げるは恥だが役に立つ/22時/TBS

かわいい新垣結衣ちゃんと、星野源さんのドラマ。最近「タイガー&ドラゴン」をみなおしてたら、当時はワタシ的に全然無名だった星野源が出てて、しかも坊主で驚きました。「コウノトリ」のときに演技をちゃんとみて、応援したい俳優さんのひとりです。

しかも脚本は図書館戦争の野木さん!これは見るしかない!

 

【水曜日】

地味にすごい!校閲ガール・河野悦子/22時/日テレ

もうね、石原さとみは可愛い。1話みましたが、ファッションについては賛否両論みたいですね。たしかに可愛いけど、一般人が普段着として取り入れるのはちょっと無理があるのかも。「5時→9時」のときみたいな、私達も真似できるようなおしゃれなファッションだといいんだけどなー。なにはともあれ、石原さとみは可愛い。どうしてこんなにきれいで可愛くて色っぽい女優さんになったんでしょうか。むかしの作品とかみると全然違うのにー

 

グッドモーニングコール/夜中/フジ

netfelixで放送されたドラマ。すいません、出てる人とかほぼ知らないんですけど、中学生くらいから読み続けている漫画の実写化なので、みてみたいと思います。上原くんは本当に私の中学時代の憧れでしたよ。

 

【木曜日】

Chef~三ツ星の給食~/22時/フジ

「BOSS」とかってこの時間だったのかな。久しぶりの天海祐希さんですね。全然ストーリーわかんないんだけど、タイトルからして学校給食の話なのかな。あ、ゲイの沢村一樹さんと仮想夫婦になるドラマみたわ。あれも結構面白かった。この作品も期待したい。

 

【日曜日】

IQ246/21時/TBS

色々あった「仰げば尊し」の次の作品。ヒット作が多いこの時間枠で、織田裕二キター!しかもディーンフジオカ、土屋太鳳中谷美紀・・・共演者もなかなか良い。仰げば尊し最終回のあとにみた次回役の予告が、トリックアートを用いていて、なかなか興味持たせる方法だなと感心しました(誰)土屋太鳳ちゃん、期待してるよ!

 

キャリア/21時/フジ

同じく21時枠の玉木宏。うーん、久々だな。のだめカンタービレの千秋先輩がツボすぎて、他の作品であまり自分的ヒットがない。あ、子育てのドラマのは結構良かったかな。当時の彼は同じ男の立場として辛くて見れないとかいって、途中リタイアしてましたが笑

 

レンタル救世主/22時半/日テレ

1話をチョロチョロとみてみたけど、ジャニーズWESTの藤井くん、「ようこそ、我が家へ」にも出てたよね。沢村さんの作品もおもしろいのが多いけど、若く見えて実は50歳近いことに驚き!さすがセクスィー部長

 

こうやってまとめると、金曜日は見たいドラマがないんだな。録画したのを金曜日にイッキ見するようになるかも!

一番の注目は校閲ガールとIQ246かなぁー。