読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good Days

笑顔でいれば、楽しいことがやってくる

Good Days

live for today
人との出会いを大切にしよう
知ること、知られることを恐れずに
変化をたのしむ毎日を

時代はロングブーツじゃない

なかなか更新しないブログのことを考えるときはいつも、更新しないといられなかった時代のことを思い出す。

 

わたしがパソコンやインターネットというものに初めて触れたのは、中学生の頃。我が家にデスクトップのごついやつがきて、そのうち何度か代替えしながら、ノートパソコンに落ち着いた家族兼用のそれ。

 

多感な時代というのもあったけど、今とは違って、テレビや本のことなんてほぼ無くて、ただただ自分の内面に向き合った内容ばかり書いていた。詩やストーリーを書いていたのもこの時期。思いや心が言葉になって溢れて、仕方なかった。

 

見知らぬ人に言葉で傷つけられたときもあって、とことん落ち込んだ。心を支えあうような、素敵な出会いもあった。当時は、「これは恋愛とは違う。ただの友達とも違う。ただ心が繋がってる関係なんだ」なんて格好つけてたけど、今思えばあれは、遠距離恋愛だったんだと思う。恋に恋していただけかもしれないけど、会えば泡みたいに消えて、距離が遠ざかってしまった、甘酸っぱい思い出。

 

それが高校生まで続いて、大学に入った頃からパタリと止んだ。言葉のタンクが、全然溢れなくなった。

 

大学に入って、確かに友達は増えたし、やりたいことをやったり、恋をしたり、バイトをしたり、日々忙しく充実していた。

少し愚痴りたいときにふらっときて書きなぐってく、ブログがそんな存在になってた。消化できない気持ちは、人とのコミュニケーションからうまれた。

 

何もしなくても、触れるものすべてに感情が湧いてたあの時期のわたしはどこに行ったんだろう。

 

最近、無性に会いたいのです。あの頃の、言葉に溢れて困っていた自分に。

 

本や映画やドラマ、仕事、友達。

触れるものはたくさんあるのに、感情が溢れない。毎日楽しいし笑ってるし切なくもなる。不安や不満に支配される日もある。感情は「動く」けど、溢れない。

 

あえてロマンチストになって、おセンチな気分で戻ってみようか。

 

短めのスカートにロングブーツを初めて合わせてみたときの、感慨はいまはもうない。

 

 

 

空は、つながっています!

Book

有川浩先生の空飛ぶ広報室を読みました。

 

図書館戦争』から有川先生を知り、綾野剛を機に『空飛ぶ広報室』を見直し、原作を読みました。ドラマ『空飛ぶ広報室』はリアルタイムでは見てなかったんだけど、当時の彼氏が面白いといって見ていたのを覚えています。で、今になって見直して、「うん、たしかにおもしろい」と思いました。

ガッキー出てて、逃げ恥と同じ脚本家なんだよね。そして、図書館戦争も同じ野木さん脚本。【有川×野木】がテッパンになりつつありますね。

 

 

突然の事故でP免(パイロット罷免)になった戦闘機パイロット空井大祐2等空尉は防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室に転勤したばかりの新人広報官。ミーハーで詐欺師並みの交渉術を持つ鷺坂正司をはじめ、ガサツすぎて残念すぎる美人・柚木典子や、鷺坂ファンクラブ1号で柚木をして曰く「風紀委員」の槙博己、鷺坂ファンクラブ2号のマイペースなオレ様・片山和宣、フォロー上手の指導担当・比嘉哲広など、個性の強い先輩たちに囲まれながら勤務をしている。
そんな中、鷺坂の命令で空井は帝都テレビのニュース番組「帝都イブニング」のディレクターで元報道記者だった稲葉リカのアテンド役に命じられる。リカは勝ち気で上昇志向が強く不本意な異動に不満を覚えているうえに、自衛隊にいい感情を持っておらず、アテンド役の空井に挑発的な言動をとり、それを見かねた空井はついにリカと衝突を起こしてしまう。(ウィキペディアより)

 

 図書館戦争もそうだけど、有川先生が書く登場人物って、全員が全員もれなく躍動的なんだよね。どのキャラも個性が死んでない。そしてドラマでもそれはちゃんと生かされているのがすごい。主人公の空井とリカはもちろん、脇役の全員が愛おしく感じられる。

 

空井はブルーインパルスパイロットになることが子供の頃からの夢で、実際にパイロットの内示まで出ていたのに、自分は何も悪くない事故に巻き込まれてその夢を断たれてしまって。リカも同じく警視庁付きの報道記者だったのに、バラエティのディレクターに異動させられてしまって、同じく挫折を味わっている。

自衛隊に対して否定的だったリカに、自衛隊を知ってもらうことが広報官としての第一歩、と立ち直っていく空井の背中にリカも自身を投影して次第に追いかけるようになっていく。

 

専守防衛」、自衛隊は攻撃するための軍ではない。

憲法何条がなんたらかんたらと言われてしまいそうだけど、自衛隊は字のごとく国を守るための組織。有事の際は有事のために動かなければならない。そのための技術を磨き、訓練で鍛え、有事に備えているんだけど、すすんで武器を使用したいなんて思っている人はいない。

戦闘機パイロットだった空井を、「戦闘機は人殺しの武器」だと言ってリカは傷つけてしまうわけだけれど、こういう一般的なイメージと実際の自衛官の思いとすれ違ってしまっている様は、本の中で何度も出てきて。でもそれが大げさではなくて全て納得できるものだったから、私もまだまだ自衛隊のことを知らなかったんだな。そして、そんな特殊な場所で働く自衛官は、いたって「普通の人」なんだと、読み終えて思います。

 

本の最後は、出版を延期してまで書き足された東日本大震災のことが描かれてます。あの日、松島基地で何があったのか。この章だけフィクションであり、ノンフィクションでもある。普段は平然といられるのに、ふとした瞬間に時間が止まって涙が出て来る。人命救助を優先した自衛官は、いつかのその日にいろんなことを覚悟しているんだけど、みんな「普通の人」。家族がいて、大切な人がいて、そこには感情がある。

 

いつか航空祭ブルーインパルスを見てみたいな。

 

 

カルテットがでらおもしろい!

映画*テレビ

火曜ドラマの『カルテット』。予想以上に面白くて、ハマってます。満島ひかりさんはああいうちょっと不思議ちゃん演じるのうまい。四人が四人とも個性的で、交差しそうで交差してない感じがとてもいい。全員が主役を張れる役者さんならではだなぁと思います。

 

そして先日は『耳をすませば』が地上波で放送されて、高橋一生さんの声の違いに驚き!何でもアフレコをした数日後に声変わりが始まったとか。少年期の声から大人の声って、あんなに変わるもんなんですね。

 

小学校の頃、変声期真っ只中な幼馴染がいて、一時期ガラガラ声で一体どうなっちゃうんだろうって思ったけど、気づいたらすごく低い渋い声に変わってました。保健体育で習うような知識はあったけど、「へー本当に変わるんだ!」と人体の不思議に驚いた記憶があります。女性はそんなに変わらないもんねぇ。年取って少し低くなるくらい?笑

 

あと、松田龍平さんって、ワタシ的に好きな個性派俳優さんのひとりなんだけど、「主役」っていうタイプじゃないですよね。脇役で光るタイプ。まほろば駅前とか、ススキノ探偵のあの何とも言えないボワーンとした感じ、とても好きです。

 

カルテット第2話で松たか子演じる巻さんが、毎回「わたし(演奏)できません」って言うくせに生き生きと演奏しちゃうとことか、満島さん演じるすずめちゃんの「ミゾミゾしてきた」とか、小ネタっぽいところがとてもいい。ミゾミゾしてきたってどんな感じなんだろ笑

 

そして、やっぱりエンディングが最高!!!

 

四人が歌のうまい役者さんで本当に良かった。大人になった天沢聖司高橋一生さんの声も素敵。せっかく作ったブイヤベースの前で餃子の話しされちゃうあたり、本当に笑えた。

 

あー、来週も楽しみだなぁ。火曜9時枠、あなどれない!

 

 

 

そこのみにて光輝く

映画*テレビ

 

高校生か大学生のころに「愛のむきだし」という園子温監督の、それはそれは重たくて厚くてじっとりとした映画を観て衝撃を受けたんだけど、それと同じくらいこの作品の重さと儚さにとても胸打たれました。

 

映画『そこのみにて光輝く』。

綾野剛主演で、今を輝く菅田将暉、女の色気全開な池脇千鶴が共演。

 

仕事を辞めて何もせずに生活していた達夫(綾野剛)は、パチンコ屋で気が荒いもののフレンドリーな青年、拓児(菅田将暉)と出会う。拓児の住むバラックには、寝たきりの父親、かいがいしく世話をする母親、そして姉の千夏(池脇千鶴)がいた。達夫と千夏は互いに思い合うようになり、ついに二人は結ばれる。ところがある日、達夫は千夏の衝撃的な事実を知り……。(シネマトゥデイより)

 

達夫は採掘場で仲間を失くして現場から離れ、酒とパチンコ三昧の日々を送るダメンズ。映画の大半がけだるげな剛サマです。

そんな達夫とパチンコ屋で知り合うのが、拓児。喧嘩で捕まり、現在は仮釈放中の身。その姉の千夏。貧しい家計を支えるために、八千円で身体を売る仕事をしてる。そして、千夏は拓児が働かせてもらってる植木業の中島の愛人。

このきょうだい、家に帰れば病気を機に性欲がコントロールできない寝たきりの父と、その相手をして疲労困憊の母がいます。

 海沿いのボロボロの平屋で、何とも底辺な生活を送ってる家族なんですね。保護観察中で中島がその鍵を握ってるともなれば、簡単に中島からも離れられない千夏なのです。もう、色んなことからがんじがらめ。

 

それを知り、千夏に惚れ、助けたいと思う達夫。千夏との縁を切れさせるために中島と対峙したり、一度は離れた山の現場に拓児を連れて戻ることを決意したり、一歩踏み出す達夫だけど、そんな簡単にハッピーエンドでは終わらない。

 

もうね、なんて言ったらいいんだろ。

「家族を持ちたくなった」という達夫のあの何とも言えない顔と、屈託無い拓児と、抱え込みすぎな千夏と、全部が胸にずしーんとくる。

 

最後のシーン、どん底もどん底のはずの達夫と千夏の二人の微笑みがとても悲しくて、とても美しい。

 

綾野剛にはこういう役を演らせると、本当にうまいと思う。ラブシーンも美しいし、パンツ一枚で寝ている綾野さんのショットから始まるのがいい笑

自堕落な達夫のダメな毎日ぶりが冒頭からよく分かったわ。

 

そして、ちょっとおバカなんだけど家族思いで純粋な拓児を演じた菅田くんも良かった。アイドル売りをする若手登竜門みたいな恋愛映画ではなくて、彼にはこういう役をたくさんやって欲しい。

 

summer snow」の頃の池脇千鶴も、思えば貧しい家を支えるしっかり者の女の子だったけど、あの頃にはなかったなんとも言えない三十路の色気がたまらない。同性の私でさえそう思う。あの色気はどこから出るの?笑

色気と言っても、肌を見せるセクシーな色気ではなくて、なんていうんだろ。いやほんと、

 

なんていうんだろ笑

 

肉厚な感じ?

 

毎日見るのは重たいけど、なんかたまに見たくなる、重厚で悲しくて、でも優しくて淡い作品だと思います。

 

役者がそこで演技してる作品ではなくて、そこで生きている達夫と拓児と千夏の密着ドキュメンタリーのよう。

こういう作品、増えるといいなぁ。

 

 

 

 

 

 

日本で一番悪い奴ら

映画*テレビ

今年の日本アカデミー賞にノミネートした、『日本で一番悪い奴ら』を観ました!

 

綾野剛主演で、実話をもとにしているという、何とも悪い警察のお話です。

 

大学時代に馴らした柔道。その腕っ節の強さを買われ、北海道警・刑事となった諸星要一(綾野剛)。強い正義感を持ちながらも、うだつの上がらない日々を過ごしていた。ある日、署内随一の敏腕刑事・村井(ピエール瀧)から刑事の“イロハ”を叩き込まれる。それは「刑事は点数。点数稼ぐには裏社会に飛び込み、S(スパイ)をつくれ。」というものであった。言われるがままに“S”を率い、規格外の捜査に突き進む諸星だが――。(公式サイトより)

 

一言で感想を言うなら、

 

わたしが好きな綾野剛ではない

 

 

コウノドリのサクラ先生とか、クレオパトラの裕くんとか、なんか背負ってる優しい剛が好きな私としては、クローズとか新宿スワンとか、ああいうイケイケゴーゴーはあまり得意ではなくて。

 

悪を取り締まるはずの警察官 諸星が、ネズミ捕りがネズミになるが如く、悪へと転落して行く様を描いていて、その役作りから徹底していたというからには、引き込まれる演技なんだけれど、私がいま観たい綾野剛ではない

他の人のコメントとか見てて分かった。あの老けメイクが受け付けなかったんだ!と。

『海賊と呼ばれた男』の岡田さんの老けメイクは全然オッケーだったけど、ちがいはなんだろ。

 

色んなところで語られてるし、実話だからネタバレも多少しちゃいますが、点数を稼ぐためにスパイ(協力者)をそこらに作って、拳銃やクスリの取り締まりに優秀な成績を作っていくんだけど、最終的に自分がヤク中になって、捕まってしまうという、、そして、綾野剛がだんだんおっさんになっていくという笑

 

個人的に、映画の良し悪しは音楽と終わり方にあると思ってるんだけど、この映画の終わり方は嫌いじゃなかったな。

捕まった諸星が、獄中で警察への想いを語るんだけど、何ともイカれた異常な感じが気味悪くて。見た目やばい人よりも、こういう精神的に飛び越えちゃってる人って何ともこわい。

 

怪しい外国人を演じたデニスの植野さん!見た目もさることながら、演技よかった!外国人バイヤーの雰囲気出てたよ。脇役もみなさん個性派ぞろいで、観ていて安心。

 

この組織的な悪で、捕まっておつとめしたのは諸星だけ。自殺者が2名出てるみたいだけど。

今の警察は違うと信じてるけど、この時代にこんな最大の汚職があったなんて驚きでした。

 

そんなわけで、私の綾野剛ウイークはまだ続きます。

 

 

2017冬ドラマ視聴予定

映画*テレビ

今季はあまり注目ドラマがないなぁー。でも一応、何か恒例とかしているこの記事を書いておきます笑

 

*視覚探偵日暮旅人/日テレ/日曜22時30分

松坂桃李、かっこいいよね(笑)SPドラマは見なかったから全然ストーリー知らないんだけど、松坂桃李かっこいいよね、という理由で見ます(笑)手塚慧@図書戦はキャラクター的に好きじゃなかったけど、あの美しさは罪です。そして、1月公開映画の「キセキ―あの日のソビト―」の彼も、かっこよすぎて罪です。あ、松坂桃李の話になっちゃった。

 

*A LIFE/TBS/日曜21時

キムタク主演の医療ドラマ。なんだかんだで見ちゃうんだよね。「キムタク主演」も「医療ドラマ」も。松ケンも出てるのね。メンバーは良いけど、あまりドロドロのラブストーリーにはしてほしくないなぁ。でも、見ちゃう笑

 

*突然ですが、明日結婚します/フジ/月曜21時

ドラマ初出演?のflumpool山村さんの演技でどう転ぶかだと思っているんですけど、結婚したい女と結婚したくない男の話ですか。逃げ恥のような、積極的女子と消極的男子みたいな路線をいくのかな。西内まりあちゃんは歌もうまいし、演技も結構好きなので、とりあえず月9見てみましょう。

 

*カルテット/TBS/火曜22時

逃げ恥のあとということでプレッシャーも多いでしょうが、メンバーがいい!もう予告を見て、メンバー見て、即決で見る!って思いました。

 

*下克上受験/TBS/金曜22時

阿部サダヲさんと深キョンが夫婦って、何か不思議な組み合わせだなと思ったけど、中学受験をテーマになんか面白そうだなと思って。原作があるのね。原作ものって最近多いね。

 

バイプレーヤーズ/テレ東/金曜24時

もうこれね、メンバーがやばい。しかも本人役でシェアハウス!?もう奇想天外過ぎて、楽しみすぎてやばい。出演する6人の名バイプレーヤーはどの人も大好きで、逆に本人役で出演されちゃうと、現実とドラマと混同しそうです。深夜帯ということもあって、色々面白いことしてくれると良いなぁ―と期待してます!

 

 

Change!

Days

コウノドリから注目を始めた星野源が大活躍した2016年。例に漏れず、過去の作品やらを検索してどっぷり彼にハマった私ですが、著書『蘇える変態』の中の一文に、ハッと目が覚めた気分になったのです。

 

――人の話をしっかり聞くことで会話が続く、という仕組み

 

彼は「フィルム」と題した文章の中で、この一文を述べている。ドラマで共演していた柳沢慎吾さんのように明るく社交的になれるかどうか。人とのコミュニケーションを苦手としていた過去の自分と比較して、現在は人と楽しく話せるようになったと振り返っている内容の一部分。

 

それはとても初歩的な技術だと思う。「人の話をしっかり聞く」人は小さい頃から「先生のお話を聞きましょう」と、話を聞くことから教えられて学んでくる。

だけど日常の、音や声が溢れているコミュニケーションエリアにおいて、この初歩的な技術は忘れがちで、言葉の表面を受け取って、「会話を流していくこと」に尽力していた気がする。とにかくリズムよく、滞らせない。だから、「聞く=キャッチする」ことよりも、「流す=話す=投げる」ことばかり意識してしまって、投げるボールがなくてアワアワしていたんだと思う。

投げるボールがなくて、そのうち、ボールをキャッチすることすら嫌になってきて、最終的には誰ともキャッチボールをしなくなる。私の人見知りはそんな悪循環からやってくる、経験値のなさなのだ、と。

 

だって、仕事ではお話できるんですもの。

今までそれは、話す内容があるからだと思っていたけど、それ以上に、「よく聞いている」からなのだと気づいた。相手のニーズの意味を間違えることがないように、トラブルや苦情につながらないように、よく聞く。これまでの経験から私自身、よく聞く技術は持っているとは思う。

 

では、「話してくれない相手」ならばどうすればいいのだろう。相手がひとりでもべらべらと喋り続ける、言ってみれば柳沢慎吾さんみたいなタイプなら、人見知りはしない。なんだかよく分からず巻き込まれているうちに、打ち解けている気がするから。

でも、相手も同じように人見知りで、投げるのが苦手なタイプだったらどうだろう。

 

やっぱりボールはいくつか必要だと思う。初球だったり、大事な局面で投げる球種は練習が必要。

 

ただ、投げられたボールを無意識に受け取って、早々と次に投げるのではなくて、手にしたボールを一度見つめてみる。ボールの質や大きさ、色や形をよく見て、それから投げる。

 

その繰り返しで、人見知りだと思っていた自分が、変われる気がしています。