読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good Days

笑顔でいれば、楽しいことがやってくる

Good Days

live for today
人との出会いを大切にしよう
知ること、知られることを恐れずに
変化をたのしむ毎日を

金沢ぶらりひとり旅②

Travel

 

さて、金沢旅行二日目の朝。

前日に地ビールを飲みながら、どういう行動をするか考えて、8時には起きようと思っていたところ、7時半に目が覚めてしまい、僅かな二度寝も頭をよぎったけど、結局そのまま起床。素泊まりのホテルなので、朝食はなし。お店が開くのを待つ間に出かける準備を済ませて、8時半からまずはおみやげ屋さんへ。買おうか悩んでいた起上り小法師を購入して、バスの一日フリー乗車券と朝食のおにぎりを買ったら、一度ホテルへ。

テレビを見ながらおにぎりを食べて、予定通り9時にはホテルをチェックアウトしました。最近はチェックイン前・チェックアウト後も荷物をホテルで預かってくれるところが多くて、助かりますね。ロッカーを探す時間も、預けるお金もかからない^^

 

二日目はまず、ひがし茶屋街に行き、まだ観光客が少ない時間に写真を撮ってきました!

f:id:good_days:20160811124001j:plain

だーれもいない。9時半ぐらいだったかな。このあと大量の観光バス単位のお客さんが来ていました。静かなひがし茶屋街は朝早めがおすすめですよ!

そこで、以前「嵐にしやがれ」のロケで石原さとみさんが来ていたと思われる、『箔一』で金箔アイスをいただきました!!!これが圧巻の金箔!891円!!(1円はサービスって言われたかな)注文するとソフトクリームを作ってくれて、目の前でベロンと一枚の金箔を乗せてくれます。

f:id:good_days:20160811124437j:plain

金箔は特にどんな味がするとかはないんですが(笑)、バニラアイスが濃厚ですごくおいしかったです。朝10時にアイスを食べるなんてお腹壊しそうで心配だったけど、外が暑かったからか、そんなこともなく。三十路は色々身体健康面で心配や不安が増えるな笑

 

観光客も増えてきたし、行かねばならない場所もあったので、漆のお箸を自分用お土産で購入して、バスで21世紀美術館へ!

こちらはまだ午前中にもかかわらず、かなりの観光客が訪れていました。

そんな美術館を横目に、近くの定食屋さんで。すご~く小さなお店なんだけど、食べログでも上位に入るお店で、開店前にもかかわらず、行列が・・・

でも絶対美味しいから!と知り合いに勧められてきたので諦めるわけにもいかず、最後列に並んでいたところ、回転したら次のターンで入れそうな順番に。結果、30分待ってようやく入店出来ました。日陰で椅子に座って待てたから良かったものの、あの炎天下で立って30分だったら諦めてたかも。この旅ツイてる!

出てきた御膳は聞いてた通りの美味しさで、ほっぺたが落ちました。これ以上お客さん増えても、次行く時に困るので、お店の名前は内緒♡笑

 

お腹も満たされたところで、さっきは横目で見るだけだった21世紀美術館へ!

こちらは写真撮影はOKの所も多いし、有名ドコロはちゃんと写真に撮ってきたけど、残念ながら私的利用に限り、ということなのでSNSとかにも載せられないのよね。まあで21世紀美術館として有名なものは全部見たし、その時にやっていた展示も見てきたけど、一番心を打たれたのは、地下の市民ギャラリーみたいなところでやってた子ども写真の展示会。その北国新聞社の社長賞だったかな?親が子どもを高い高いしてる写真なんだけど、背景の空と港がすごく綺麗で、どんな芸術家の作品よりもその写真に目が奪われました。うん、あの写真は良かったわ。

あとは菊川裕也さんの光るスニーカーとダンスの映像作品。目の前で映像とリンクして光るスニーカーと、音と、映像と、ダンスがとっても幻想的だったというか、印象に残ってる。

 

ここまで来るのに暑さと前日までの疲れでかなりへばっていて、美術館は長めに時間をとって過ごしていました。ようやく汗もひいて、よし!いくか!という気持ちになったので、最後の気力を振り絞り、武家屋敷跡方面へ徒歩で移動。

こちらはあまり日を遮ってくれるところがなかったので、ガンガンと太陽に照らされながら、途中で日焼け止めを塗りなおして、散策。

やはり侍とか忍者とかが日本のイメージとして残っているのか、武家屋敷跡野村家の周辺にはたくさんの外国人観光客がいました。日本の古い家屋って、何か懐かしさを感じるし、異なる時代を生きた人たちがここを歩いていたのか、と思うと不思議。刀を腰に、もしかしたらここで斬り合いがあったのかも!とか思うとね。

 

そのまま流れで行き着いた尾山神社でお参りをしておみくじをひいたら、まだ少し時間にゆとりがあったから近くのデパートに入っている不室屋カフェで休憩。時間までのんびり写真を見ながら過ごしてました。

 

その後は金沢駅へバスで戻って、お土産を吟味して、駅弁買って、帰りの北陸新幹線に乗車。疲れきって寝るかなーと思ったけど、テンションが高ぶってるのか、ウトウトはしつつも基本的には起きてました。駅弁食べて、外見て(基本的に真っ暗)、ちょっと寝て、その繰り返し。

 

徐々に景色が都会になってきて、『あー、帰ってきてしまった』という気持ちと『ようやく帰ってこれた』という謎の相反する気持ちの間で、駅から地元までの道中を思う。荷物が重くて、足が痛くて、腰が痛くて、満身創痍。帰宅して万歩計を見たら普段の四倍歩いていました(゚∀゚)足が壊れます・・・

 

なにはともあれ、(うざいくらいの)天気にも恵まれ、美味しいものを食べ、のんびりとした時間を過ごし、すごくいいリフレッシュの旅になりました。

交通手段(車)と時間があれば、能登の方まで足を伸ばしたかったけど、それは次回のお楽しみとして、また旅行費を貯めるようにがんばってお仕事します!

 

f:id:good_days:20160811124007j:plain

見事な快晴!