読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good Days

笑顔でいれば、楽しいことがやってくる

Good Days

live for today
人との出会いを大切にしよう
知ること、知られることを恐れずに
変化をたのしむ毎日を

映画「彼らが本気で編むときは、」

映画*テレビ

上映終了前に何とか映画館で観たいと思っていた「彼らが本気で編むときは、」を観てきました!

先に職場の後輩が観ていて、感想を聞いていたものの、トランスジェンダーの話である以外は特に調べもせず。

 

かもめ食堂」の荻上直子監督が5年ぶりにメガホンをとり、トランスジェンダーのリンコと育児放棄された少女トモ、リンコの恋人でトモの叔父のマキオが織り成す奇妙な共同生活を描いた人間ドラマ。生田斗真トランスジェンダーという難しい役どころに挑み、桐谷健太がその恋人役を演じる。11歳の女の子トモは、母親のヒロミと2人暮らし。ところがある日、ヒロミが育児放棄して家を出てしまう。ひとりぼっちになったトモが叔父マキオの家を訪ねると、マキオは美しい恋人リンコと暮らしていた。元男性であるリンコは、老人ホームで介護士として働いている。母親よりも自分に愛情を注いでくれるリンコに、戸惑いを隠しきれないトモだったが……。(映画.comより)

 

トモ役のりんかちゃんも、マキオ役の桐谷健太も良かった。最初、リンコが出てきたときは、男の生田斗真のほうが馴染みがあるからか、「うーん、大丈夫かな、これ」と思ったんだけど、それは一瞬だけでした。多分、男性的な骨格をカバーするためと思われる、ちょっと大きめの衣装だけが最後まで気になっちゃいましたが、それもまたリアルの一つなのかなって思います。

 

手術をして、女性の身体になることはできるけど、骨格って変えられないんですよね。劇中でも手の大きさの話が出てくるけど、そういうどんなに心が女性でも変えられない部分というのに気づくと、とても切なくなります。

 

夜遅めの時間帯だったけど、女性のお客さんが多くて、周りはみんな泣いてました。私も泣きました。特に、序盤にリンコがお母さんにカミングアウトするシーンから、お母さんに初めて女性の下着をプレゼントしてもらうシーンは、胸がつまりました。

女性として生きる喜びを得られたリンコの気持ち、男の子として産んで育てた子にブラジャーをあげる母の気持ち。まっ平らな胸は、どんなに待っても大きくはならないけど、どうにかしてあげたい母の気持ち。

 

あっけらかんとした母を、田中美佐子さんが好演していました。

この映画のテーマのひとつとして、「母と子」があると思います。リンコと母、トモと母、そして、リンコとトモ。実の母よりも愛情を注いでくれたリンコに対してトモが抱く気持ち。同じ布団に寄り添って眠る姿は親子でしかないのに、親子にはなれない二人。

 

リンコは、絶対母親になれる。たとえ血がつながっていなくても、ちゃんと子どもに向き合って、大切に思う、母親になれる。リンコが母親になる、そんな続きを見てみたい。そして、小池栄子演じた母親と息子の続きも見てみたい。

 

深く難しいテーマだけど、心温まる終わり方。優しい映画です。