Good Days

笑顔でいれば、楽しいことがやってくる

Good Days

live for today
人との出会いを大切にしよう
知ること、知られることを恐れずに
変化をたのしむ毎日を

愛される努力

先に記事にした「アイドリッシュセブン」のストーリーの中で、「愛される努力」についてのセリフがあるんですが、読んだときにすごく響いたんです。

もう三部はとにかく推しメンの大和さんの回なので、全体通して心に響きまくってたんだけど。特に響いた言葉があったんです。

 

作り出すもの(作中では歌や演技のこと)が褒められても、それは自分自身を褒められたわけじゃない。否定されても、それは自分自身を否定されたわけじゃない。

 

私は、愛されたいと思ってる。でも、自分を出すことで愛されるどころか、否定されるんじゃないかと怯えてる。ただ愛されないだけじゃなくて、傷つくことが嫌だから、愛される努力から逃げてしまう。

 

少しでも受け入れてもらえなさそうな時は、その前に自分から逃げてしまう癖がある。

親しくない人と向き合うことにとても強いストレスを感じているのだと気づいた。

 

十人十色。世の中には色んな人がいて、寸分違わずに分かり合える人もいれば、何もかも受け入れられない人もいる。

愛してくれる人に、愛されれば十分なのに。愛してくれない人にも愛されたくて仕方ないのかもしれない。

 

友だちがたくさんいる人、フットワーク軽く、誰とでも気軽に話せて、輪に入っていける人。そんな人にとても憧れる。

でもそんな人はきっと努力してる。人との距離の取り方がうまいのは、努力した結果だと思う。最初から、なんでも出来る人なんていない。

 

引っ込み思案や人見知りを理由にすれば、ちょっとダメな私でも愛してもらえるんじゃないかって、甘えてる自分がいることに気づいた。

 

万人に愛される私になるのは無理。

でも、万人に愛されるように努力する私になりたい。