Good Days

笑顔でいれば、楽しいことがやってくる

Good Days

live for today
人との出会いを大切にしよう
知ること、知られることを恐れずに
変化をたのしむ毎日を

2017.9.8-9 岡山・直島旅行①

2017年9月8日から1泊で岡山旅行してきました!

毎年恒例となりつつある、ひとり旅です。今年はどうしても一眼レフを持って出かけたくて、被写体対象を探してたら見つけたのが「直島」でした。

帰ってきてからお土産配りつつ、直島行ってきましたー!って報告すると、結構な割合でみなさん直島知ってるんだよね。そんな有名な直島ですが、正直私は今回の旅で初めて知りました笑

 

直島は島全体がアートプロジェクトとして美術館化してるようなとこです。有名なのは草間彌生のかぼちゃオブジェなのかな。

f:id:good_days:20170923120034j:plain

岡山県宇野港から宮浦港にフェリーで20分くらい。降り立ってすぐのところには赤いかぼちゃがあるんだけど、そっちは人が多くて、かぼちゃ単体の写真は撮れず。ひとり旅に来ていたと思われる美しい韓国の女性に「写真撮ってもらえますか?」と英語で聞かれて、おっけーおっけーと軽い感じで撮ってあげたものの、周りに人は入ってるし、撮り終えた写真を確認しつつ、お互いに微妙な顔・・・仕方ないよね、って感じで「せんきゅー」言われてプチ交流終了。

 

島について間髪入れずに町営バスに乗り換えて、その後ベネッセのシャトルバスに引き継がれて、島の一番奥?、地中美術館に行きました。

f:id:good_days:20170923120804j:plain

↑走ってるシャトルバス。を、歩いて見送る私。

地中美術館から帰りは途中まで写真撮りながら歩いた)

 

地中美術館は思ってたよりも面白かった!スマホを取り出すことさえ許されない厳重ぶりですが、アートに集中できて逆に良かったわ。正直アートの知識はないけど、それでも楽しめた。モネの睡蓮は作品としては聞いたことあったけど、ああやって1フロアで眺めることができると、何年にもかけて作り上げていった作品の工程が見れて、とても感慨深かった。

 

地中美術館のあとは歩いて戻り、リ・ウーファン美術館とベネッセミュージアムに寄って、アートに触れつつ、黄色かぼちゃなどなどさらに寄り道して、町営バス乗り場へ。

バスを待ってたら蜂におそわれて驚いた私に驚くおじさんに更に驚いて笑

f:id:good_days:20170923121712j:plain

↑自撮り棒を持ってないから使わないかもと思って持っていた三脚が実はとても優秀に活躍してくれた。

 

その後は「中奥」というおしゃれな古民家カフェで少し遅めのランチ。

ひとり旅で撮影目的だとお昼は適当でいいやーとなりがちなのですが、直島ではそうもいかない。都心と違ってそもそもお店が沢山ないし、混んでたり時間が合わなかったりするので、事前に結構調べておいたんだ。「中奥」ともうひとつ候補があって、先に行ってみたんだけど、時間が遅かったから再仕込みに時間がかかりますって言われてしまってね。観光とバスの時間もあったから、今回は「中奥」へ。

f:id:good_days:20170923122439j:plain

本当に奥まったところにあるけど、外観も内観も素敵でご飯もおいしいとこでした!カウンターがあるから一人でも入りやすい!

 

お腹が満たされた後は家プロジェクトをブラブラと回って(全部は体力的に回りきれず)、町営バスで港まで戻って、フェリーへ。

 

直島はもっと集中して回りたいなー。お友達と楽しく回るなら自転車もありだけど、家プロジェクトをじっくりみたいなら、自転車じゃまになるかも。バスでも十分一日で色々回れますよ。